結婚というのは、基本的に生涯の結びつきです。

しかし、結婚という大変な旅に出かける前に、その二人の関係が恋のままだったら、結婚関係もおぼつかないかもしれません。

ぜひ、結婚前に愛を結ぶ必要があります。

しかし、愛とはなにか、定義するのは簡単ではありません。

男女間の愛もあれば、他の人一般に対する愛、家族愛、など、愛にはいろんな顔があるからです。

では、ここでは、恋が愛に変わったらどう変わるのか、それを見ていきましょう。

 

恋が愛に変わったら何がどう変わるのか

相手への信頼度が向上する

 

恋というのは、けっこう自己中心的なものです。

相手が何をしているのかをいつでも知りたい、ほかの異性と仲良くしているのが許せない(仲良くする程度にもよりますが)、などと、相手を縛ろうとすることが多いですね。

しかし、それが愛になると、お互いに相手を信頼するようになります。

ですから、心配という気持ちが非常に少なくなります。

お互いに相手を信頼するわけですから、相手に傷つけられるんじゃないか、捨てられるんじゃないかという心配などを持つ必要がありません。

愛は双方向に向かうものです。

ですから、この信頼度に関して二人の間に温度差がありません。

 

相手のすべてを受け入れることが出来るようになる

 

恋している最中、相手のなにか大きな欠点が見えたとします。

恋をしている人は、「私があの人を変えてみせる」と考えます。

しかし、恋や愛に関わらず、人を変えるというのは非常に難しく、不可能と言ってもいいぐらいです。

どうしても受け入れることができない欠点がたくさんあれば、交際をやめるということも選択肢に挙げなければなりませんが、

恋が愛に変われば、相手の微々たる欠点は、全てそれをひっくるめて「あの人」なのだと考えることができます。

そうなるためには、時間が必要です。

愛は、育てるには時間が必要なものなのです。

焦らず、相手を受け入れることが出来るという境地に立つことができたならば、それは愛に変わったと言える証拠の一つになるでしょう。

 

沈黙を快く感じる

 

恋している最中は、二人でいる時に沈黙が生じると、非常に心配になるものです。

「何か話さなければ!」と必死になるわけですね。

そうでないと、相手が自分に下す評価がとても心配になるんですね。

しかし、愛は、二人の間に沈黙が生じても、それを快く感じます。

それは、相手が何を考えていようと、自分を傷つけるようなことは考えているはずがないという確信を持っているからです。

相手に対する信頼度に通じる部分ですが、相手を完全に信じ切ることが出来るので、沈黙が心地よいのです。

そこにまで達していないとすれば、まだ恋の途中ということが出来るでしょう。

相手に与えっぱなしでも良いと感じることが出来る

 

恋は、相手の愛情を得ようと、一生懸命与えようとします。

それは、相手の愛情を見返りに求めている状態です。

もちろん、この過程はどんなカップルも経なければならないものですが、

その状態から愛に変わると、与えてなにか見返りを期待しようとはしません。

与えっぱなしでいいと思えるのです。

自分から与えて与えて、それが心地よくなれば、それは愛に変わっている証拠でしょう。

 

相手と同じ景色を見たいと思うようになる

 

「星の王子さま」の著者、サン・テグジュペリはこう言いました。

「愛は互いを見つめ合うことではなく、共に同じ方向を見つめることである」。

なかなか愛をとらえた言葉ですね。

相手が、こうなりたいという目標を持っているとします。

恋は、それが気に入らないことがあります。

自分より目標を大切にしている!なんて感じるからですね。

それは、なんと受け身な感情でしょう。

しかし、愛は、相手の目標を受け入れ、一緒に努力していこうと思う気持ちにさせます。

相手の成功を心から喜べるからです。

早くから、同じ景色をみることを心がけてみてください。

そうすれば、相手のことをもっとよく知ることが出来るに違いありません。

 

相手に人生を捧げようと思える

 

結婚は、人生の一大転換期です。

一人から二人で生きていくことになるからです。

その前に、もし、あなたがお相手に人生を捧げることが出来ると感じていれば、結婚は成功へと至るでしょう。

これは、与えることの究極の形とも言えます。

自分の人生を相手に与えるのです。

その中には、相手のために死ぬことが出来るという気持ちも含まれるでしょう。

相手のために生きていようという気持ちを否定するものではありません。

それは確かに、相手への愛から生じる気持ちでしょう。

しかし、相手のために、相手をなにかから救うために、自分の命を捧げられると思えるとすれば、それは、究極の愛の形です。

それ以上のものを与えることができないからです。

そう思えるような相手を見つけることができれば、本当に幸せですね。

 

終わりに

 

ここに挙げた以外にも、愛の証拠はたくさんあることでしょう。

しかし、これらは、結婚前に最低限クリアしておきたい事柄ばかりです。

恋は焦ります。

愛は焦りません。

ですから、植物が育つのにも時間がかかるように、愛が育つために、時間をあげてください。

じっくり一人で考える時間も大切にしましょう。

そうすれば、恋から愛にジワ~っと変わっていっているなら、そのことに気づくでしょう。

恋のままだということに気づくかもしれません。

そういう時は、ぜひ、この記事のことを思い出してください。

決して損はないと思います。

 

LINE公式アカウントを開設しています!

友だち追加していただくと、noteでは500円で販売している「良いカウンセラーと悪いカウンセラーの見分け方」というPDFを無料でお渡しいたします。

この機会にどうぞ友だち追加してください!