なにかの自分の欠点を改善しようとして調べる時、「自己肯定感」を高めましょう、と書かれていることがあります。

でも、その「自己肯定感」ってなんやねん!ってなる方が多いかと思います。

自己肯定感のない人に自己肯定感を高めましょうと言ってもピンとこないのが当然です。

しかし、人生を豊かに、楽しくするためには、自己肯定感を持つことは確かに不可欠です。

では、この記事では、自己肯定感とは何かをできるだけわかりやすく解説します。

そして、自己肯定感を高めるたった一つの方法をご紹介しますね。

 

自己肯定感とは何か

自己肯定感の反対は自己否定感

 

自己否定感と聞いて、ピンとくる人は多いと思います。

自分を否定する、つまり、

自分には価値がない
自分なんてつまらない人間だ
自分は何一つまともにできない
自分にはムリだ

などと考えることですね。

あなたもそういった傾向がありますか?

これらはすべて、自己否定の考え方です。

たとえ誰かから誠実に褒められても、それを事実として受け止めることができません。

しかし、人は、自己否定感と自己肯定感を、必ず両方持っています。

二面性があるんですね。

まず、自己肯定感をハッキリ理解するために、自己否定感をハッキリさせてみましょう。

 

自己肯定感は、自己愛とは違う

 

ここで勘違いをしないようにしましょう。

自己肯定感は、自己愛とは異なります。

自己愛とは、「うぬぼれ、自己陶酔、ナルシシズム」などと定義されます。

あなたの周りにも、「自分大好き」な人っていませんか?

自分はイケメン、美人だ、と思っている人
自分をアピールするのが大好きな人
自分の手柄を自慢してばかりいる人
自分ってかっこいいということをわからせようとする人

こういうヒトは、確かに付き合いにくいですよね。

自己肯定感とは、こういった状況に陥るのとは全然違います。

決してここをゴチャ混ぜにしないようにしましょう。

 

では、自己肯定感とは?

 

自己肯定感について、辞書にはこんな定義が載せられていました。

自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する語。 自己否定の感情と対をなす感情とされる。

実用日本語表現辞典より

 

まあなかなか難しい言葉が並んでいますが、

要するに、

「自分のあり方を積極的に評価できる感情」→「自分のありのままを積極的に受け入れている」

「自らの価値や存在意義を肯定できる感情」→「自分には価値がある」、「自分はかけがえのない存在だ」

というふうに言い換えることができますね。

ここで、勘違いを避けるために、自己否定感や自己愛を先に取り上げました。

特に、うぬぼれを意味する自己愛とは異なることを念頭に置いておきましょう。

そうではなくて、自分のことをポジティブに受け入れることができている状態、これが自己肯定感ということができます。

 

もちろん、気持ちをこの自己肯定感で100%埋めることは必要ありません。

先ほども、自己肯定感と自己否定感は表裏一体と書きました。

でも、自己肯定感>>>自己否定感という式が成り立つようであれば、それは、かなり生きやすい状態になっているということが出来るでしょうね。

自己肯定感が低くなる原因は?

 

それは、多くの場合、子供時代の育てられ方にたどり着くと言われます。

子供時代に、あなたは怒られてばかりいたでしょうか?

しつけのために叱るというのは大切なことですが、人格を否定するような起こり方を受けている子供もたくさんいます。

「お前は何をやってもダメだ」
「お兄さんにもっと見習いなさい」
「そんな子に産んだ覚えはない」

などと、しょっちゅう言われていれば、自分を認めることが出来るほど子供は賢くありませんよね。

「自分ってそうなんだ」と受け止めてしまい、それが自分の人格の一部となってしまうのです。

「三つ子の魂百まで」とも言われますが、ネガティブなことはより一層衝撃とともに深く傷つけるものになるんですね。

ほかにも考えられることはありますが、ここではこの一つだけを取り上げておきます。

 

自己肯定感を高めるたった一つの方法

 

つまり、ここまで来て、自己肯定感が低い原因は、自分で自分を褒めることができない、褒めるネタがない、ということに行き着くことが出来ると思います。

自分の長所が見えなくなっていて、短所ばかり目の前にある、という状況になってしまっていることになります。

では、あなたの短所には何がありますか?

一度それを紙に書き出してみてください。

短所ならたくさん書けると思われますか?

試してみましょう。

いかがですか?

たくさんかけたでしょうか。

そのことでまだ落ち込まないでくださいね。

というのは、短所と長所には、次の言わば公式があるからです。

それは、

「短所とは、長所の行き過ぎたものである」

という公式です。

そうです、短所は、ほとんどすべて、長所に言い換えることが出来るのです。

例えば、

心配性→責任感が強い
優柔不断→慎重
頑固→信念を持っている

などですね。

このように、短所を長所に置き換えること、これを、心理学の世界では、「リフレーミング」と言います。

リフレーミングは、英語でreframingと書きます。

これは、frame、つまりフレーム=枠組を、re=やり直すという意味になります。

いままで「こうだ」と思っていた枠組みを、新たな視点から見直すということになりますね。

こうして、ただ短所を長所に言い換えるだけで、自分の良い点を見つけることが出来るはずです。

しかし、実際には短所であることが分かったなら、長所が行き過ぎないように、つまり長所としてとどまれるように、自分をコントロールすることによって短所を長所に戻すことさえ出来るかもしれません。

 

ということで、短所を長所に言い換えることで、自己肯定感を高めることが出来るに違いありません。

そうです、あなたには、あなた自身を褒めるネタがたくさんあったことに気づくことが出来るのです。

そのようなポジティブな見方が、自己肯定感を高めるのです。

どうぞ一度、真剣に試してみてください。

 

終わりに

 

このリフレーミングの効果は、いろんな研究でたしかに効果があることが明らかにされています。

もっと詳しく知りたいならば、「リフレーミング」で検索してみてください。

いろんなリフレーミングの方法について見つかることでしょう。

そうして、自己肯定感を高めるのです。

この自己肯定感は、他の問題を改善していくのに、ベースになるということを始めに述べました。

これから、芋づる式に、あなたの問題が解決していくことを心から希望します。

 

LINE公式アカウントを開設しています!

友だち追加していただくと、noteでは500円で販売している「良いカウンセラーと悪いカウンセラーの見分け方」というPDFを無料でお渡しいたします。

この機会にどうぞ友だち追加してください!