あなたは、「かまってちゃん」という自覚があり、それを治したいと思ってこのページにたどり着いたと思います。

なぜ自分が「かまってちゃん」だと思われましたか?

他の人に「あなた『かまってちゃん』ね」と言われましたか?

そう言われた時のショックは大きいものだったでしょう。

でも、自分では気づいていませんでした。

ということは、知らず知らずのうちに、「かまってちゃん」になってしまっていたということです。

しかし、何か満たされない。

では、どのようにしたら治せるのでしょうか。

それは、「かまってちゃん」になる原因をまず知ることから始まります。

では、なぜ「かまってちゃん」になるのか、考えていきましょう。

 

「かまってちゃん」になる原因

 

あなたは、自分に自信がありますか?

自尊心はどうでしょうか?

いきなりな質問ですみません。

しかし、「かまってちゃん」は、自尊心がないことが多いのです。

自分に問いかけてみてください。

周りに物理的には人に囲まれているのに、寂しさや孤独感、不安、愛情がほしいという気持ちにさいなまれていませんか?

中には、過度の自尊心を持ち、自分を目立たせたい、アピールしたいと思って「かまってちゃん」になる人もいます。

ここでは、そういう人についてではなく、何か寂しいと感じている人に当てて書くことにします。

 

では、今、どうして寂しいという思いが潜在的にあるのか、ということなんですが、

子供時代のことを思い出してみてください。

あなたは親からの愛情をたっぷり受けることができていたでしょうか。

あなたという一個の人格を認めてもらっていたでしょうか。

それとも、何か否定ばかりされていたでしょうか。

こういう経験をすると、

・自分は愛される資格がない
・そのままの自分では愛されることはない
・自分には価値がない

という意識が刷り込まれてしまいます。

それを、心理学的には「中核信念」と呼ぶこともあります。

そこから、自分はダメなやつだと自分の殻に閉じこもってしまう人もいれば、

あなたのように「かまってちゃん」になる人もいるということになるのです。

どうでしょうか?

 

「かまってちゃん」はかまってもらえない

 

しかし残念なことに、「かまってちゃん」でいることによって、実際には幸せになることができません。

なぜでしょうか。

それは、かえって周りの人を遠ざけてしまうことになるからです。

周りの人は、自分のことで忙しく、あなたの真の必要に目を向けるということはなかなかありません

あなたの心の奥底に迫ろうという勇気も気持ちもありません。

ですから、あなたの「かまってちゃん」という表面だけ見て判断し、「うざいやつ」という印象を持ってしまうのです。

本当に残念なことです。

では、どう対処したらいいんでしょうか。

対処法を考えるに当たり、次の真実を受け入れましょう。

それは、他の人は変えられないが、自分は変えられる、という真実です。

その真実に沿って、対処法と治し方を考えていきましょう。

「かまってちゃん」の直し方、対処法

自動的に出てくる考えを「真実」で上書きする

 

先ほど、あなたには、「中核信念」というものがあることを書きました。

人は、その中核信念から、思考というものが出てきて、そして、感情へと結びついていきます。

「かまってちゃん」の場合、中核信念として、「そのままの自分では愛されることはない」というものがあるとしたら、そこから、自動的に、「人に愛されないと自分には価値がない」という思考が出てきているのかもしれません。

人から気にかけてもらう、愛してもらう、ということで、自分の価値を計ってしまっているのです。

しかし、人の価値は、他の人からどう思われるかだけで決まるわけではないことを自分に言い聞かせなければなりません。

 

さて、「人に愛されないと自分には価値がない」という考えることで得られるメリットはなにかありますか?

そうですね、何もありませんよね。

では、デメリットはありますか?

それはいろいろありますよね。

ますます自分を追い込んでしまう、寂しくなる、自分なんて…と思ってしまうことなどあります。

では、デメリットしかない考え方は、なくしてしまいたいですよね。

そのために、自分に「真実」の言葉をかけてあげなければなりません。

それはなにか?

例えば、「あなたは十分頑張ってるよ」とか、

「あなたは愛される長所があるよ」とか。

他の記事にも書いたんですが、

短所は長所の行き過ぎたもの

ということをぜひ知っておいてください。

自分の短所はたくさん挙げられますか?

では、その短所は、なにか長所の裏返しではないか、考えてみてください。

そうすれば、長所がたくさん見つかるはずです。

その長所に基づく「真実」の言葉を、ぜひ自分にかけてあげてください。

そうすると、自動的に出てくる思考が、だんだんと上書きされていくことに気づくでしょう。

 

他の人に関心を向ける

「かまってちゃん」は、どうしても自分に目が行きがちです。

もちろん、その「かまってほしい」という気持ちは、捨て去る必要はありません。

誰もが持っているものだからです。

 

そうなんです、「かまってほしい」という考えは、誰もが持っているものなんです。

ということは、あなたが、他の人の「かまってほしい」という気持ちを満たしてあげることが出来るのです。

そのように、他の人も、あなたから誠実な関心を示されると、実はうれしいのです。

うれしいことをされると、人は、同じものを相手に返そうとする気持ちが自然と働きます

そうです、他の人に示した関心は、あなたへの関心へと返ってくるのです。

そうすると、あなたもうれしくなって、他の人にもっと関心を示したくなる…

良い循環が生まれます。

 

まさに、「情けは人の為ならず」なのです。

他の人に愛や関心を示すのは、ただただその人のためになるだけでなく、実は自分に返ってくる、ということわざですね。

それを、あなたも経験することができます。

 

終わりに

 

あなたにどんな中核信念があったとしても、あなたには幸せになる権利があります。

そして、忘れてはならないのは、あなたには幸せになる素質があるということです。

それを持っていない人はいません。

それをどう扱うか、に違いがあるだけなのです。

幸せは、追いかければ追いかけるほど、逃げていくものです。

しかし、自分の方へ呼び寄せると、自然と近づいてくるものなのです。

これからは、「かまってちゃん」として、幸せを追いかけないようにしましょうね。

それより、自分の方へ自然と近づくようにしましょう。

そうする時、あなたは、人生で誰もが必要とする愛を呼び寄せることが出来るようになっていくのです。

 

LINE公式アカウントを開設しています!

友だち追加していただくと、noteでは500円で販売している「良いカウンセラーと悪いカウンセラーの見分け方」というPDFを無料でお渡しいたします。

この機会にどうぞ友だち追加してください!