あなたは真面目な人でしょうか?

そうであれば、人に好かれる良い潜在能力をたくさん持っておられるはずです。

しかし、なぜか好かれないでしょうか?

そのことには、いくつかの理由が関係しているかもしれません。

あなたの真面目さが最大の武器になるためには、人と仲良くやっていく必要があります。

そのことを嫌というほど実感しておられるかもしれません。

では、好感度を上げる3つのコツを挙げるとともに、なぜ真面目な人が高感度を上げにくいのか、考えていきましょう。

その3つのコツとは、「外見」「話し方」「スキを見せる」ということにまとめられます。

 

好感度を上げる その1 外見に気を配る

人の第一印象は、見た目で9割が決まるとさえ言われています。

ですから、いろんな意味で、「外見」に気を配らなければなりません。

どんなふうにでしょうか。

 

清潔感を大切にする

 

まずは、文字通りの身だしなみです。

真面目な人は、けっこう外見に気を配っていない人が少なくありません

外見に気を配ると言っても、値段が高い服を着なければならないということではありません。

それよりも清潔感が重要です。

あなたはちゃんと髪型をセットしていますか?

シャツはちゃんとアイロンが当てられていますか?

何より、服を洗濯する回数が少ないでしょうか?

もしそうなら、それもすぐに見抜かれてしまいます。

好感度を上げたいなら、清潔感と、センスの良い着こなしを身に着けたほうがいいでしょう。

センスの良い着こなしについては、ネットで色々勉強できますから、そんな時間も取るようにしましょうね。

 

笑顔で接する

真面目な人は、人と接する時、その真面目さゆえに、真剣さが前面に出ることが多いです。

真剣に人と接するというのは、非常に大事なことです。

しかし、時に真剣さは、とっつきにくさと結び付けられることが多いです。

なぜなら、真剣さを示す人は、笑顔がなく、無表情になることが多いからです。

ですから、その真面目さを生かせるよう他の人と仲良くなるためには、あいさつの時、また会話するときには、にっこり笑顔を見せるようにしましょう。

ときには、声を上げて笑うことも必要です。

というか、これとっても大事です。

「この人と接する時は構えなくていいんだ」という印象を持ってもらうことが必要だからです。

相手を緊張させないために、笑顔や笑い声はとっても役に立つのです。

 

好感度を上げる その2 話し方に気を配る

大きな声でハキハキと

真面目だと、相手のことを思いやってか、小さな声で話すことが多いのではないでしょうか。

プライベートな話をするときには特にそうです。

もちろん、そういう気配りも大切ですが、普段から好感度を上げたいと思えば、やはり元気よく、ハキハキと話すことが必要です。

元気の良い人には、やはり人が集まってくるものです。

笑顔でハキハキ話す人、あなたから見ても高感度が高いのではないでしょうか?

それか、もしかしてねたましく思うほどじゃないでしょうか?

そうであれば、その特徴を自分にも取り入れましょう。

 

聞き上手になる

このことには多くの面が関係しています。

まずは、「質問力」です。

相手に話してもらうようにしましょう

些細な会話であっても、いろいろ質問して、話してもらうのです。

そうすると、相手も気分が良いものです。

質問には5W1Hということはよく言われますので、ご存じと思います。

その5W1Hを使って、質問するようになさってください。

相手が話している時は、笑顔を忘れないようにしてくださいね。

そして、無礼にならない程度に相手の目を見るようにしましょう。

それだけで、好感度がぐっと上がります。

質問しているのに別のところを見ているのでは、「本当に関心があるのだろうか」といぶからせてしまい、好感度どころではなくなってくるからです。

 

そして、相手が話している時にできることは、相手が話すことをオウム返しに少し反応することができます。

「昨日は映画を見に行ってね…」と言われたら、「そうなんですか、映画を見に行かれたんですね」というふうに返すのです。

そうすると、相手も続きが話しやすくなり、気分を上げてもらうことができます。

このテクニックも上手に用いると、好感度が上がります。

好感度を上げる その3 スキを見せる

ユーモアを交える

真面目な人は、とかく真面目に話すものです。

それも当然でしょう。

しかし、ユーモア、ちょっとした冗談を言うことで、相手を安心させる「スキ」を作ることができます。

なかなか最初は難しいかもしれませんが、絶対に効果抜群ですから、ユーモアを使えるようにしましょう。

それは、笑いという共通の土台を共有することができるからです。

どうか、深刻になりすぎないように、気をつけてみてください。

自分の弱みを見せる

真面目な人は、自分の弱みを見せると、かえって人が離れていくと思うものです。

なので、肩肘張っているという印象を持たれがちです。

そうすると、とっつきにくいな… と感じさせることが多いです。

 

完ぺきにできる人間を演じようとするよりも、失敗談を言えるぐらいのおおらかさを持ちましょう。

これは、プラットフォール効果と呼ばれています。

「この人にもこういうところがあるんだ…」と思ってもらえると、親しみを感じてもらいやすくなります。

 

相手に助けを求めるのも効果的でしょう。

自分で全てを抱え込むのではなく、助けを求めましょう。

それは、「弱み」を見せることでもあり、相手を信頼しているということの証にもなるからです。

 

終わりに

少し長くなりましたが、まとめればたった3つのこと、「外見」「話し方」「スキを見せる」ということになります。

特に真面目な人は、「スキを見せる」ということを行なうと、効果絶大です。

この3つを取り入れて、「アイツ変わったな~」と思ってもらえるようにしましょう。

そう思ってもらうことは、何も恥ずかしいことではありません。

それよりも、仲間ができ、人脈が広がり、人望ができ、いい事だらけです。

では、恥ずかしさと戦いながら(笑)、これら3つのコツを実践していくようにしましょう。

そうして初めて、上に立つことができる人になるのです。

 

LINE公式アカウントを開設しています!

友だち追加していただくと、noteでは500円で販売している「良いカウンセラーと悪いカウンセラーの見分け方」というPDFを無料でお渡しいたします。

この機会にどうぞ友だち追加してください!