職場や学校、はたまた親族の中にさえ、苦手な人って一人はいますよね。

嫌いと苦手というのは微妙にニュアンスが違いますが、嫌いな人も含めて考えてみてください。

苦手な人から全面的に逃げられたら楽なのですが、そうもいかないのが世の常。

では、苦手な人と付き合わなければならないとしたら、どうしたらいいのでしょうか。

ここでは、自分を守る、つまり自分が成長するためにできることを考えてみましょう。

 

苦手な人との付き合い方

こちらからきちんとあいさつをする

職場、学校、親族、はては姑に至るまで、全く接点を持たないということは現実的ではありません。

むしろ、良い関係を少しでも構築する必要があるでしょう。

ですから、こちらが折れることは必要な場面が多くなります。

なかなかしんどいですね。

しかし、最低限のあいさつぐらいは誰にでもできるはずです。

苦手な相手にでもですね。

そうすることで、相手がこちらにいい印象を持てるようになれば、しめたものです。

自分を守る最初の良い方法ではないでしょうか。

 

他人は変えられないことを認める

「あの人さえ変わってくれたら」と願うのは簡単なことです。

しかし、そう現実はいきません。

それまでに築き上げてきた人格やクセなどは、たとえ本人が意識していたとしても、なかなか変えられないものです。

そうであれば、外部の人間が変えるなんてことはまず無理です。

ですから、「他人は変えられない」という考え方を持つのが、スマートな大人の考え方です。

コントロールできないものにこだわらないという姿勢ですね。

その点に関しては、この記事も参考にしてください。

 

どこが苦手なのか、言語化する

苦手な気持ちっていうのは、どちらかと言うと、漠然としていませんか?

なんとなく苦手、なんか癪に障る、なぜか話し方が気に入らないなど…

漠然とした苦手意識というのは、幼い子供でも持つ感情ではないでしょうか。

しかし、私たちは大人です。

ですから、「なんとなく」で済まさないようにしましょう。

その点で、どこが苦手なのか、はっきりさせることができるでしょう。

そうすると、冷静に相手を見ることができるようになります。

それに加え、次の点につながる、広い視野を持つ事ができます。

それは…

 

苦手な相手の良い点を探す

常に付き合わなければならない人を、苦手だと言って逃げてばかりいられません。

時に近い距離で真剣に話さなければならないときも出てくることでしょう。

そんな時、苦手ということが相手にわかるぐらいにじみ出ているようでは、ちょっと子供っぽいですよね。

しかし、上で提案させていただいたように、苦手な原因がしっかりわかっていれば、その部分以外ははっきり言ってどうなのか、ということを自問できるかもしれません。

例えば、いつもマイペースでイライラさせられている人も、他の人に親切にするのは早いとか、

柔軟性がないという人も、人間観察が得意だとか…

 

また、短所は長所の行き過ぎた部分である、ということも意識できるかもしれません。

短所も、見ようによっては長所だということです。

それを知っているだけでも、苦手な人の苦手な部分に対してポジティブに捉えることができるでしょう。

 

苦手な人にも家族や友人がいることを想像する

もしその苦手な人が既婚者であるならば、その人のことをスキで結婚した人もいるということですね。

その苦手な人も、家族を守るために一生懸命働いている…

その苦手な人を、慰め、励ます配偶者がいる…

ということを想像力を働かせて考えれば、自分と同じような弱い、しかし頑張っている人間だと、心を広げてイメージできるかもしれません。

その心の広さを持つことができれば、私たちはずいぶん成長した人になれるのではないでしょうか。

そんな心の広さを持ちたいですよね。

 

苦手な人も自分の成長のために存在しているのだと考える

そうです、ここまで挙げたことを実践していくには、相当こちらの努力がいるかも知れませんね。

なんで苦手な人のためにここまでしなければいけないんだ、とさえ思うかもしれません。

しかし、考えてみてください。

こういうものの見方や考え方ができたとすれば、究極的に自分を守ることができるのではないでしょうか。

苦手な人をいつまでも苦手、と言って避けてるだけでは、いつまでも喧嘩や嫌味や変な空気だけが残り、自分を傷つけてしまうかもしれませんよね。

でも、苦手な人の存在を自分の成長に結びつけることができるとしたら、こんなに強いことはありません。

苦手な人を決して好きになることは難しいでしょう。

しかし、一緒に生活の一部を過ごす人をこちらの包容力で取り込むことができれば、敵に思えた人も味方になってくれるかもしれません。

終わりに

苦手な人とどう接するか、自分を守る、また成長させるという観点で書いてきました。

かなりの思考の転換が必要かもしれませんが、取り入れてみられることをおすすめしたいと思います。

そうです、相手を取り込むのです。

言うほど簡単ではありませんが、自己実現と自己承認のために、行ってみられるのはいかがでしょうか。

 

LINE公式アカウントを開設しています!

友だち追加していただくと、noteでは500円で販売している「良いカウンセラーと悪いカウンセラーの見分け方」というPDFを無料でお渡しいたします。

この機会にどうぞ友だち追加してください!