今回は、人間的に成長するにはどうすればいいか考えます。

すごく漠然としていると思われるかもしれませんが、あなたも成長したいと思ってここに到達されたはずです。

「あの人は本当に人間的に素晴らしい人だな」と思われたことは1度ならずあると思います。

そう思える人がいるということは、誰にでも人間的に成長する可能性があるということです。

では、これから、人間的に成長するためにできることを考えていきましょう。

 

人間的に成長するためにできる方法

考え、考え、考える

 

大切なことなので3回言いました(笑)

あこがれるぐらいに立派な人って、共通して言えるのは考えが深いということです。

今回の人間的に成長する方法というテーマについても、まずはその方法を自分で考え、考え、考えることが必要です。

世間には、頭が良い人なのに考えることをしない人がいます。

一方、それほど高い教育を受けていないのに、人の上に立てるほどの人になっている人もいます。

やはりその違いを生じさせるのは、考える力の違いでしょう。

「地頭が良い」という表現が昨今使われますよね。

それは、考える、思考能力が高い、という人なのではないでしょうか。

これから読む内容も、ぜひ考える材料にしていただけたらと思います。

それで、この「考える」ということを最初に持ってきました。

 

人をよく観察すること

「あの人はできる人だな」と感じる人もいる一方、「あの人はいまいちだな」と思うことってありませんか?

その直感はたいてい当たっているでしょう。

では、その「できる人」はどうして「できる人」に見えるのでしょうか。

そこには、理由があるはずです。

そこで、その人をしっかり観察することが必要になってきます。

そうすると、その人を役割モデルにすることができるのです。

こういう時はこう行動する、こう答える、というモデルにするのです。

それを意識的に真似することによって、徐々に自分のものとなり、成長を実感できることができるでしょう。

 

一方、「できない人」を観察することも心がけられます。

なぜ「できない」のか、どうして「できない人」に見えるのか、観察するのです。

そうすれば、その言動を避けることができるので、上のできる人の観察と相まって、成長は2倍の速さになるでしょう。

 

人の痛みをわかるようになること

これは、感情移入ができるようになるということですね。

感情移入については、以下の記事もご覧ください。

 

人の痛みが分かる人は、その人を効果的に励ますことができます。

それができる人は、誰からも信頼を得ることができます。

逆に、人の痛みがわからない人は、「心のない人」というレッテルを貼られることになり、徐々に人が近づかなくなります。

人の痛みがわかれば、そこに、親切、思いやり、寄り添った言動、感受性豊かといった、人間的に成長することにつながるでしょう。

そのためにできることは…

 

苦しみから逃げない

生きていると、苦しいこと、悲しいことに必ずぶち当たります。

そこから逃げる人は、苦しさから何も学ぶことができません。

しかし、苦しみから逃げず、真摯に取り組む人は、いろんなことを学ぶことができます。

例えば、その苦しい時に、人はなんと言って声をかけてもらえたらうれしいか、身を持って知ることができます。

そうです、上に書いたように、人の痛みが分かる人になれるのです。

自分の性格を変えたい、という時も、苦しみが伴います。

それから逃げなければ、同じ悩みを抱える人にアドバイスができるほどの人になるでしょう。

ですから、苦しみから安易に逃げないことです。

もちろん、病気になるほどのストレスも我慢しろ、というわけではないので、頃合いは見計らってくださいね。

目にした現状について深く考える

例えば、資料がきれいに整理されているとします。

その状況を見て、何も考えない人は、何も考えません。

しかし、考える人は、考えます。

「誰かが時間をかけて整理してくださったんだな~。ありがたいことだ」

と思えるのです。

見えない人のしたことにも思いを馳せることができるのです。

それができる人は、今度は自分がそうしてあげよう、という気持ちが湧いてくるのではないでしょうか。

あの「餃子の王将」の殺害された元社長も、一番早く出社し、会社の周りを掃除していたというじゃないですか。

その会社の周りがきれいなことに気付ける人は、成長のためのポテンシャルを備えていると言えます。

 

人の話をよく聞くこと

自分ばかり話す人は、学ぶ機会を持つことができません。

多くのものを得損ないます。

しかし、人から学ぼうとする人は、人の話をよく聞きます

つまり、人に語ってもらうのです。

そのためには、質問力というものも必要になってきます。

その質問力は、他の人の話を聞こうとする習慣ができていると、自然と身につくものです。

それを重ねることによって、人脈も広がっていくことでしょう。

人脈が広がれば、沢山の人から学ぶことができます。

その人たちの名言さえ聞くことができるでしょう。

 

諦めずに行動し続ける人

以上の点が、人間的に成長するための方法として挙げることができる点です。

もちろん、ほかにもたくさんあることでしょう。

しかし、聞いただけで、読んだだけで、できるようにはなりません。

試行錯誤を重ねつつも行動し続ける人、そんな人だけが、人間力を高めることができるのです。

そのためには素直さも必要です。

「そんなの無理だ」「言うのは簡単だ」などと、言い訳をしません。

この記事で読んだこと、ほかのサイトで読んだこと、取捨選択も必要かもしれませんが、学んだことを行動に移しましょう。

そうすれば、メンタルの強い、高い人間力を備えた人に成長していくに違いありません。

 

終わりに

確かに、人間的に成長するというのは簡単なテーマではありません。

一生続くテーマと言っていいでしょう。

また、たとえ成長していたとしても、それは本当に徐々にであり、自分では実感できないかもしれません。

しかし、不思議なことに、周りの人は気づきます。

たとえ自分では実感できないとしても、諦めないことが肝心です。

「急がば廻れ」の精神で行なっていきましょう。

そうする時、いつの間にか、あなたの周りはあなたを信頼する人で囲まれることになるでしょう。

 

LINE公式アカウントを開設しています!

友だち追加していただくと、noteでは500円で販売している「良いカウンセラーと悪いカウンセラーの見分け方」というPDFを無料でお渡しいたします。

この機会にどうぞ友だち追加してください!