精神疾患を抱えて病院にかかっている方に関しては、その主治医様にまずはご相談なさってください。

今の状況で、カウンセリングを受けるのは避けたほうがいいとされる状況もあります。

カウンセリングが心への刺激となり、返って病状に影響を及ぼすこともあるからです。

主治医様が受けて良いと判断されましたら、カウンセリングを受けることができるでしょう。

しかし、カウンセリングは医療行為ではありませんので、うつ病その他の精神疾患を治療する目的のものではないことを念頭に置いてくださればと思います。

また、病院にかかっていない方とカウンセリングをしていく中で、何らかの精神疾患を抱えているなと思えるときには、まずは精神科にかかるようにおすすめすることもあります。

結論として、精神疾患はまずは精神科など、病院で治療をすることが先決であることをご了承ください。