そもそもですが、カウンセリングは病気を抱えておられる方だけのものではありません。

(逆に、精神的な病気を抱えている場合、カウンセリングは行なってはならない場合さえあります)

日常の小さな悩み、長年抱えている根深い悩みなど、そういったことを相談するのに役立ててほしいものがカウンセリングです。

そういった悩みを放置していると、今度は本当に精神を患うところにまで発展してしまうことになりかねません

ですから、「こんなことで相談したらダメなんじゃないか?」という心配は全く無用です。

どうぞ安心して、早めにカウンセリングの扉をノックしていただけたらと思います。